ホームページをリニューアルしています。不具合調整中です。すみません😢

週末の報告

4/17練習参加の皆さんお疲れさまでした。あいにくの雨で途中中止となってしまいましたが、記録会に向け皆さん元気に練習していたと感じています。山梨学院で箱根駅伝9区を走った石部夏希君はじめ同期でコーチの吉田君、また彼らの後輩である河野コーチに松井コーチと皆さん現役もしくは現役に近いコーチの参加は嬉しい限りです。また、日本代表経験の柏木コーチや熱い男飯田コーチも久々に来てくれてフレッシュコーチ陣と共に22年度は盛り上がっていく気配です。

私の友人の遠藤さんも急遽参加してくれましたが現役バリバリのトレイルランナーで秦野高校時は全国高校駅伝でアンカーを走ったアスリートでした。昨日は来れませんでしたが短距離で活躍していた長田香音さん、現役で続けている駿河大の小松凛花さんも近々来てくれる予定です。経験豊富なコーチが沢山いますのでどんどん質問してみましょう。それが皆さんの特権だと思います。

話は変わりますが週末平塚のレモンガススタジアムでは大学学生個人選手権が行われていました。私は金曜日に髙見澤安珠がお世話になった松山大学の応援に行っていました。この大会はユニバシアード(学生の世界大会)の選考会にもなっていて私の応援する松山大学の小松さんは女子10000mで出場し4位に入賞となり、ユニバへの出場を手中にしました。

大会後監督である村井さん(土佐礼子さん旦那)と長野コーチ、そして世界陸上銅メダリストで現広島経済大学で学生を指導している緒方剛監督と宴席があったのですが、陸上界における指導論についてとても盛り上がりました。今回松山大学でユニバの権利を得た小松さんは非常に小柄な見た目華奢な選手です。高校時代はインターハイにも出ていない無名の選手でした。村井さんの奥さんである土佐礼子さんも学生時代まではどちらかというと無名な選手だったと言えます。今回顔出してくれた石部選手も小学生時は特段突出して速かったわけではありませんでした。そんな皆さんの活躍は多くの事を学ばせてくれます。ゆっくり長く子供たちをサポートしてあげることが大事なのだと改めて実感しました。
日本の陸上界をけん引している指導者との意見交換は非常に心に刺さるものがあり、勉強になりました。
長くなりましたが要は焦らずにのんびり行きましょーということを言いたかったのです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。